格安航空券の値段の違いを理解しよう!格安航空券にも損得があるって知ってた?賢く旅をしましょう

皆さんが疑問に思ったこともあるでしょう。格安航空券の値段の違いは一体どうして起こるのでしょうか。これを知っておけば、格安航空券についてもっと詳しくなれますし、うまく活用できるようになるので要チェックです。 - 格安航空券に値段の違いがあるのはどうしてなの?

格安航空券に値段の違いがあるのはどうしてなの?

格安航空券を購入しようと思って色々なサイトを見ていると、同じフライトで同じクラスであっても値段が異なることがあり、どうしてだろうと思ったことはありませんか。そこで、ここではそんな疑問を解明したいと思います。

格安航空券のエコノミークラスの中でもクラスがある

格安航空券の中でも値段が違うのは、ズバリ、その中でもクラスが分かれているからなのです。こういってもよくわからないかと思いますので、エコノミークラスで例をとってみましょう。

皆さんがエコノミークラスと呼ぶ一番馴染みのあるシートは実はいくつかのレベル(クラス)に分かれています。ほとんどの航空会社ではエコノミークラスの1番トップのクラスをYクラスとしており、その下に、これは航空会社やシステムによって違うのですが、GクラスやVクラスなどと言うように、同じエコノミークラスなのですが、実は種類が異なっています。

ですので、このクラスによって、上にあればあるほど値段は高くなってしまうのです。私達から見ればどれもエコノミークラスのチケットで変わらないのですが、実はシステム上では、さらに細かくエコノミーの中でも分かれていて、このクラスが下になればなるほど値段は安くなっています。この違いによって格安航空券には値段の差が生じているのです。

エコノミークラスの中でもクラスが分かれているけどその違いは?

では、エコノミークラスの中でもクラスが分かれているけども、どのような違いがあるのかということを知っておきましょう。簡単に言えば、条件が異なるのです。

もちろん、値段を多く払った方が基本的には融通の利くチケットだと思っていただいて結構です。例えば、1番上のエコノミークラスであるYクラスですが、通常、これはキャンセルや変更は無料で何度も行うことができますし、オーバーブッキングになった場合、他のエコノミークラスよりも優先して搭乗させてもらうことができます。

一方、エコノミークラスの中でも下の方のクラスの場合、これこそ格安航空券のデメリットでもあるのですが、変更やキャンセルは一切できないものが多いです。

ちょっと上の方のクラスになれば、有料で変更ができるという場合も最近では増えてきていますが、基本的に出発日の変更はできず、帰着日の変更のみが可能です。変更を何度もする場合には、その都度変更料を支払わなければならないので、変更する際に考えてやらなければお金を損してしまいますので要注意です。

格安航空券の早割

今は格安航空券で旅をする方が増えています。
こういったチケットのパッケージプランや、こういった格安のチケットを使ったホテル付のパックなどが人気ですよね。
同じ日程なのに、普通の正規の運賃で申し込むよりも、こういった格安チケットを使ったものは、価格がものすごく安かったりしますよね。
このように、お得に利用できる格安航空券 国内観光地巡りが今人気となっています。
しかし、このチケットを使った便でも、なぜか、同じ便の飛行機を使ったとしても、会社によって値段が違う場合があります。
たとえば、トラベルコちゃんなどで旅をしようと思い、自分の希望で探してみて、見つけた格安のチケットに予約申込みをしようとその旅行会社に問合せをした場合、
その商品は売切れています、しかし同じ航空会社の同じ便で+ 1万円高いものだったら残席ありという場合があります。
このように、なぜ同じ便のチケットなのに値段が違ってくるのでしょうか?
ひとえに「格安航空券」と言いいましても、各旅行会社や、販売会社がそれぞれ販売しているエコノミークラスの商品には、なんと10種類近くもの料金区分があるそうです。
またその料金区分ごとに、販売可能である座席数なんかもあらかじめ決められているそうです。
ですので、座席数が限られていますので当然人気の料金区分のものから売れていくので、順々になくなっていくというわけですね。
ですので、旅行会社や販売会社は、お客様からこういった残席の問合せがあった際には、航空券を管理している専用端末を確認します。
こうすることによって、空席状況等を確認して案内をしているんですね。
より分かりやすい例をあげると、航空会社の正規割引航空券、「早割21」そして「早割14」、「早割7」などになります。
ですので、こんな割引区分があるので、同じ便名で、同じエコノミークラスの正規割引航空券であったとしても、商品名通り、早く申込めば申込むほど、料金が安くなったりしています。
こういうシステムとなっているので、これで同じ便名の同じエコノミーのクラスでも複数商品があるのです。
ですので、こういった早割を含め残席のこともありますので、できるだけ早く申し込むほうがお得だということが分かりますよね。
つまり、こういった航空会社の、正規割引航空券も含め、一般的に、こういったチケットというものは、早ければ早いほど、お得なので日程があらかじめ決まっている場合なら余裕をもって予約することをおすすめします。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

更新情報

トラベル子ちゃん

http://www.tour.ne.jp/