格安航空券にも損得があるって知ってた?賢く旅をしましょう

- サッポロビール園でビールの歴史を知ろう!

サッポロビール園でビールの歴史を知ろう!

北海道に旅行に行った際、ビール好きの人にぜひ訪れてほしいのがサッポロビール園です。
サッポロビール園は北海道の代表グルメのひとつであるジンギスカンと生ビールが味わうことができ、
隣にあるビール博物館ではサッポロビールの誕生から現在に至るまでの歴史を知ることができます。
1980年に建設された赤レンガの建物は、1963年までは製麦工場として使用されていました。
そして1966年にビール園として生まれ変わりました。

松尾ジンギスカン、自社採用サイトOPEN!道民のソウルフードを世界に向け発信できる人材を

ジンギスカンを味わえるレストランは5つのホールが用意されています。
巨大なビール釜がシンボルになっているビアホールのケッセルホール、
ジンギスカンだけでなく、カニや寿司も食べ放題のテーブルバイキングが楽しめるトロンメルホール、
北海道ならではのこだわり一品料理も味わえるポプラ館、
様々な味付けのジンギスカンが味わえるライラック館、
大きな窓があり開放的な気分で料理を味わえるガーデングリル。
それぞれのホールでメニュー内容や収容人数も違ってくるので、宴会などの用途に合わせて利用することができます。
ジンギスカンとビールの相性は抜群!飲み放題のプランもあるのでビール好きの人にはたまりません!

隣にある博物館は11:30~20:00まで開館しており入場は無料です。
中にはサッポロビールの歴史をまとめたシアターを見ることができたり、
歴代のビールラベルやポスターが展示されおり、高齢の方は懐かしさを感じることができると思います。
1階のホールではビールの試飲をすることができ、北海道限定の「クラシック」、サッポロビールの代表「黒ラベル」、札幌開拓使麦醸酒造所の「開拓使麦酒」
の3種類を試飲することができます。3種飲み比べセット(600円)が3つの違いを味わえるのでオススメです。

サッポロビール園の営業時間は11:30~22:00までなので夜ご飯にもオススメのスポットです。
アクセスは電車の場合、札幌駅から地下鉄東豊線で東区役所前で降り、徒歩10分です。
札幌駅からの直通のバスもあり、月~金は30分間隔、土日は20分間隔で運行しているのでバスの利用も便利です。
新鮮な生ビールとジンギスカンをぜひ味わってみてください!

関連記事:

次の記事: を読む ≫

トラベル子ちゃん

http://www.tour.ne.jp/